【アトピー完治研究所】アトピーは自然療法で治す!
スポンサードリンク

はじめに☆


菜の花
 

アトピーのお子さんをお持ちのママさんへ

 

当サイトへお越しいただきありがとうございます(^^)

まず、最初にぜひお話しておきたいことがあります。

長文になるかもしれませんが、お読みいただければ幸いです。

*********************

私は物心ついた時からアトピーでした。

常に「痒い」が当たり前。

痒みの無い人生を知らない。

薬を使うと楽になれるけれど

ステロイドの副作用も耳に入ってくるし

このまま薬を使い続けていても仕方がない・・

そして、今から14年ほど前、意を決して脱ステロイドをしました。

アトピーのことは沢山勉強しました。

その時、必ずこういう言葉に出くわすのです。

 

アトピーの人は腸が荒れている。食事を見直しましょう!

ストレスもアトピーの原因の一つです。ストレスをためないようにしましょう!

アトピーの原因は免疫の異常反応です!

 

こういう言葉を目にするたびに

■私は人よりすごく悪い食事をしていて

■私は人よりすごくストレスをためる思考をしていて

■私の免疫はおかしくて

私は人より劣った人間なような気がし、

どこかで物悲しかったような感覚がありました。

 

我が子のことになると、一層その思いは強くなりました。

■私が作ってきた食事がこの子の腸を荒れさせている。

■この子がストレスを溜めている原因は、母親である、自分かもしれない。

■体質を遺伝させたのは他でもない自分である。

私が我が子を苦しめている。

母親にとっては、これ以上の苦しみは無いのではないでしょうか。

 

現代の世の中に普通生きていて

社会毒を一切取り入れないように暮らすことは

かなり困難だと思います。

あらゆるシステムが

私たちが毒を取り入れながら暮らすように出来ているからです。


(社会毒とは大気中や建材、化学繊維の衣料、
生産過程で化学処理される加工食品(農薬、添加物など)
水道水などに含まれる化学物質を指しています)

不自然な暮しが”普通(当たり前)”になっています。
(いや、そう思わされてきた、ということかもしれませんが)

 

アトピーでなくとも

不調を抱えている人は沢山います。

(ずーっと元気に見えていたのに、突然)生活習慣病で倒れる大人、

入院するほど病気が悪化する子どもも沢山いるし

難病や、精神障害を持ったお子さんも沢山います。

現代病と言われるものは蔓延しています。

今、元気(で肌もツルツル)に見えている隣のお子さんは

生涯現役で寿命をまっとう出来るのでしょうか。

 

”アトピー”は命にかかわる病気ではありません。

本人はめっちゃツライですし

お母さんもツライと思います。

でも、アトピーって一番手前のところで症状が現れているんだと思うんです。

大きな病気になる前に。

 

不調や、疲れが溜まると

耳に出やすい(中耳炎になりやすい)とか、

リンパが腫れやすいとか、

お腹にくるとか、

鼻血が出やすいとか、

すぐ熱を出すとか、

そういうことと引き換えに(あるいは同時に)

腸が荒れやすい。

ただそれだけのことだと思うんです。

 

ただ、アトピーの症状は、即時性のものではなく

長ーく続くために

何かどこかがものすごく異常なような気がしてしまいますが

それは、アトピーが

一度発症すると悪循環スパイラルに陥ってしまうタイプの病気だから、

ただそれだけなんです。

 

 

アトピーのお子さんをお持ちのお母さん、

どうか、必要以上に自分を責めないでください。

”今の生活を見直さなければならない”のは

あなたたけではありません。

本当は、この化学物質だらけの社会を

私たちみんなで見直していかなければならないと思うんです。

 

あなたのお子さんの身体は偉いです!

大きな病気になる前に、アトピーという一番手前の症状で目に見える形で

出してきているんですから。

お子さんのアトピーのおかげで

本当の暮らし方を考え直す、一歩を踏み出すことができたことは

お子さんに感謝かんしゃ!ですね。

 

 

私もステロイドこそ、もう10年以上使っていませんが

何かあれば、いまだ肌に症状が出やすい(特に顔)

のは相変わらずです。

もう一度、一つ一つ見直しながら、

サイトを作っていきながら、

皆さまと一緒に、自ら(と娘)の身体に向き合っていきたいと思っています。

 

聞きたいことがある時、ただただ聞いて欲しいことがある時、めげそうになった時・・・

ぜひいつでもお気軽にお問合せからどうぞ(^^)

私はお子さんのアトピーを直接治してさしあげることは出来ませんが

お話ならいくらでもお聞きしますし

私の持っている限りの知識は、いくらでもお渡しするつもりです。

 

「さとちゃん、ちょっと聞いてよー

お義母さんに”病院連れてってあげてー”って泣きつかれたー(T_T)

もうめげそうー」

 

なんて、一言だけでもどうぞ!(^^)

 

そうそう、治療を始める前に、

ぜひ、今の状態を写真に撮っておかれることをオススメします。

よくなってきたときに励みになりますので。

 

それでは、長文お読みいただきありがとうございました(^O^)/

あなたのお子様のアトピーの症状が改善しますように

心からお祈りしています。

さとママ
 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です