【アトピー完治研究所】アトピーは自然療法で治す!
スポンサードリンク

肝臓・腎臓・脾臓のお手当法


コンニャクは「腸の砂おろし」といわれ
昔の人は一週間に一度は食べるように教えられていたそうです。

コンニャクに含まれる豊富な食物繊維と酵素が
老廃物などを吸収して、毒素を体外に排出してくれる作用が抜群です!


どんな病気でも「肝臓・腎臓・脾臓」の働きが弱っていることからくることが多いので
まず、肝臓と腎臓は温めてください。

肝臓・腎臓の働きが弱ってくると、脾臓がその働きを助けるために
自ら腫れて炎症を起こします。

脾臓は冷やして炎症をとりのぞいてあげます。
乳幼児の方は冷やさないでください。

「肝臓・腎臓・脾臓」について、詳しくはコチラを参照。




【用意するもの】
こんにゃく2丁


タオル 4~6枚
バスタオル 1枚

【お手当法】
1.コンニャク2丁に入れ、沸騰させます。沸騰してから、さらに10分ゆでます。

2.1.のコンニャクを1丁ずつタオル2~3枚に包みます。

3.肝臓(右乳の下あたり)と下腹(丹田)の肌の上に直接置き、バスタオルを上から載せて動かないように固定します。

4.10~15分温めたらコンニャクを取り、冷たいタオルでさっと拭きます。

5.今度は冷たいタオルで腎臓を冷やします。左わき腹(ヒジが当たるあたり)を5分ほど冷やしてください。

6.次にコンニャクに巻いたタオルを一枚ずつはがして、うつ伏せになり、腎臓(腰と肩甲骨の間あたり)の上に横に並べて置きます。

6.10~15分温めたら、コンニャクを取り、冷たいタオルでさっと拭きます。

【さとママMEMO】
  • 乳幼児の場合は、肝臓と腎臓を7分くらいずつ温めてください。

  • 大人の場合は20~30分ずつ温めるとよいです。

  • 手当は食間の空腹時に、排尿してから行ってください。手当の後、すぐにはお風呂に入らないでくださいね。

  • 実を言うと、わたし・・この肝臓・腎臓の温めを
    「米ぬかカイロ」を使って手抜きしてやっております(^-^;
    「米ぬかカイロ」について詳しくはコチラ

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です