【アトピー完治研究所】アトピーは自然療法で治す!
スポンサードリンク

「中耳炎」の妙薬って?


症状と原因

子どもの耳管は太く短く、傾きも水平に近いため
のどや鼻についた風のウィルスや細菌が
耳の中のほうに流れやすい。

その流れたウィルスや細菌が中耳の粘膜に炎症を起こしています。

痛みを伝えられない小さなお子さんの場合は
中耳炎を起こしていることが分かりにくいですが

風邪をひいて、ひどく泣いている、耳を触っている

ような場合には、中耳炎を疑ってみてください。

中に膿がたまっているので、耳の穴から臭いにおいがします。
私はいつも臭いをかいでます(笑)

鼻水を取り除いてあげることが何より大事です!!



ユキノシタ

“ユキノシタ”は「耳垂れ草」とも呼ばれ、耳の病気に昔からよく使われていたそうです。
中耳炎だけでなく、外耳炎にも効果ありですよ。

ユキノシタはこの様な葉っぱです↓
中耳炎 ユキノシタ

半日陰になるようなところによく生えているようです。
いざと言うときに使えるように、探しておきましょう(^^)/

【用意するもの】
ユキノシタ(もしくはドクダミの生葉)
すり鉢&すりこぎ(もしくはスプーン)
ガーゼ
タオル

【お手当法】
1.ユキノシタ(もしくはドクダミ)の生葉を流水でよく洗い、軽く拭いて水気をとります

中耳炎 ユキノシタ

 

2.すりこぎ(もしくはスプーン)ですりつぶす

中耳炎 ユキノシタ

 

3.ガーゼにくるんで、搾り汁をつくる

中耳炎 ユキノシタ

中耳炎 ユキノシタ

 

4.3.の汁をスポイトで耳の穴に1~2滴いれる

中耳炎 ユキノシタ

5.残りの汁をガーゼにしませて、耳の穴に栓をします

6.痛い方を上にして横になり、冷たいタオルを耳の上に置いて冷やすと痛みがやわらぎ、膿がでます

 

【さとママMEMO】
  • 中耳炎の子どもは肝臓と腎臓が弱っています。肝臓・腎臓の温めもお忘れなく(^^)

  • ユキノシタの葉はてんぷらにしていただいても、大変おいしい!とのことでやってみました~~(^^)/
ユキノシタ てんぷら

長女、「美味しくてたまらない~~」
と大絶賛でした(^-^;

特に香りもあまり感じないので、葉っぱ系のテンプラがお好きな方にはイケルと思います(^^)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です