【アトピー完治研究所】アトピーは自然療法で治す!
スポンサードリンク

嘔吐の時もあわてない♪


うちの次女(3歳)は身体の不調を「発熱」などでなく
「吐く」ことで出して身体の調子を整えることが多いように感じます。

吐く前は「お腹が痛い~~」と訴えて、泣いています。

最近はようやくトイレへ行って吐く。ということが出来るようになったので
これは正直助かります(^-^;

一度(時には二度)吐くとスッキリするようでケロッとしています。

長女(5歳)の場合は、身体に入ってきた不要物を
嘔吐して排出した出来事が過去に2回あり

子どもの身体の機能に心底関心しました(*´▽`*)

1回目は生魚。

といっても、そのものを食べたわけでは無かったのですが

お寿司に入っていた「たまご」を食べたのです。
多分、生魚にがっちりくっついていたのかな?と想像してます。

2回目は、アルコールの入った飲み物を水と間違えて飲んでしまったとき。
(ほんま、ごめん(;´∀`))

どちらももう、ぐっすり眠っていた時に急に激しくせき込み
けっこう長いことせき込み

どどどどうしたかな??

と若干焦っていると

オゲーーーー(失礼っ笑)

と吐いて、終了。

2回とも全く同じ感じだったので

異物を排出したんだ

ということが明らかでした。

すごいぜ!子どもの身体!!
 

というわけで

子どもの身体の機能ってほんと、すぐに、素直に働いて素晴らしいですねー。

(すでにけがれてしまった(?)私の身体は、こう単純には機能していないような気がします。。。(^-^;)

 

吐くことは基本的に

体内の菌や不要物を排出していると認識していますので

吐き気止め(下痢止めも同じ考えで)を、私は飲ませたことはありません。

排出されるべきものが体内に残ることの方がよほど危険だと考えています。

 



症状と原因

嘔吐というと思い浮かべるのが『感染性胃腸炎』
これは、ノロウィルスロタウィルスなどが原因の
いわゆる「冬の風邪」と言われるものです。

嘔吐だけでなく、下痢を伴うことも多いです。

脱水症状には気をつけてあげてくださいね!

脱水症状を防ぐために、我が家では手作り経口補水液を作っています。
レシピは『下痢』の項目に載せているので
コチラをご参照ください(^^)

ウィルスが原因のもの以外には

食中毒、また、食べ過ぎ・飲みすぎ・食べ合わせの悪さ

などからでも嘔吐することはよくあります。




【さとママMEMO】
  • 高熱・激しい腹痛・血便が出ている時、ぐったりしているときなどは他の病気が潜んでいる可能性もあります。すぐに受診を。

  • 脱水しているときにはおしっこの回数が急にへります。

  • 食欲が無ければ無理に食べさせないようにします。水分だけはしっかり取らせてください。

  • 小さいお子さんの場合、吐いたものを喉に詰まらせないように、できることなら横向きに寝かせたほうが安心です(^^)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です