【アトピー完治研究所】アトピーは自然療法で治す!
スポンサードリンク

「熱」を下げるにはキャベツか豆腐!


症状と原因


細菌やウィルスによる感染が主な原因となり発熱します。

身体が体温を上げて、体内に入り込んだバイ菌をやっつけようとする
自己防衛反応です。

解熱剤などでむりやり熱を押さえ込んでしまうのは危険です。

自然のもつ力で、熱の元になっているウィルスを
やさしく分解してあげましょう。




キャベツ枕

【用意するもの】
キャベツ

【お手当法】
1.キャベツを洗って、ザルに1枚1枚はがしておきましょう

2.このキャベツで頭を包むように枕変わりにします

3.キャベツがしんなりとしてくると効果が薄れてくるので、都度新しいものに取り換えましょう

 

【さとママMEMO】
  • キャベツの陰性(アルカリ性)が熱の陽性(酸化している血液)を中和し、熱をグングン下げてくれます。

  • なんと、キャベツは熱を下げるだけでなく体内の毒素も吸い取ってくれます!
    キャベツってすごいんですね~~(^^)

  • しんなりとしたキャベツは食べずに、「熱と毒素を吸い取ってくれてありがとう」と感謝して、捨ててください。
    食べると再び毒素が体内に入ってしまいます。食べるな危険!




豆腐湿布

【用意するもの】
豆腐 2分の1丁
しょうが 豆腐の1割
小麦粉 豆腐の2割
ガーゼ

【お手当法】
1.豆腐を水切りしてつぶす

2.生姜をすりおろす

3.1.に生姜と小麦粉を混ぜる
(耳たぶより少しやわらかめ)

4.ガーゼに2センチ位の厚さに広げて包む

5.熱のあるところに当てて2時間くらいおきに取り換えましょう

 

【さとママMEMO】
  • 熱を取りすぎないように注意してください。
    38度以下になったら使用をやめ、様子をみましょう。

  • 乳幼児にはキャベツ枕のほうが穏やかです。

  • 豆腐に含まれるカリウムや水分が毒素を吸い出してくれ、身体にこもった余分な熱を中和してくれます。キャベツも豆腐もほんと凄いですね~~。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です